ぺニスの皮がヒリヒリするの!?それは、男のカンジダ「男性カンジダ性亀頭包皮炎」じゃない!?

身体の異変にはいち早く気付き、早めの段階で治療を行うことが望ましいとされています。

 

しかし異変が現れるのがペニスなどのデリケートゾーンだとすると、戸惑ってしまうかもしれませんね。

 

ペニスの異変は人にも相談しにくく、人知れず悩んでいる人も多いもの。

 

ペニスの皮がヒリヒリと痛むのは、もしかしたらカンジタ菌による「男性カンジダ性亀頭包皮炎」かもしれません。

 

ここでは、そんな男性カンジダ性亀頭包皮炎について詳しくお話ししたいと思います。

 

男性カンジダ性亀頭包皮炎の症状は?

 

ペニスに炎症が起こる亀頭包皮炎は、「細菌性」のものと「真菌性」のものの2種類があります。

 

カンジダ性亀頭包皮炎はカンジタ菌という真菌が原因なので、後者ですね。

 

主な症状としては、
・ペニスが赤くなる
・かゆみがある
・亀頭や包皮がヒリヒリする
・白いカスが出る
などがありますが、どの症状が強く出るかは個人差が大きいようです。

 

細菌性の亀頭包皮炎と症状も似ているので分かりにくいですが、白いカスが出る、強いかゆみが出るのはカンジダの特徴。

 

男性の場合、ペニスが体外にあり目で見ることができるため、異変には気付きやすいと言えるでしょう。

 

男性カンジダ性亀頭包皮炎になる原因は?

 

カンジダと聞いても、男性ではあまりピンとこないもしれません。

 

なかには、カンジダは女性特有の病気だと思っている人もいるほど。

 

確かにカンジダを発症するのは大抵が女性ですが、男性がならないというわけではありません。

 

男性でも、カンジダになる可能性は十分にあるのです。

 

というのも、女性同様男性の体内にも、カンジタ菌は住み着いています。

 

カンジタ菌は常在菌ですから、このこと自体は驚くことではありません。

 

原因菌を保有しているのですから、いつ症状が出てもおかしくはないですよね?

 

しかし、男性はペニスが体外にあり、通気性も良いためカンジタ菌が繁殖するのに適した環境ではありません。

 

そのため、ほとんどの場合は症状が出ずに(繁殖せずに)すんでいるのです。

 

とはいえ、不衛生にしている、免疫が低下している、包茎であるときには注意が必要。

 

これらのことをきっかけに、カンジタ菌が増えてカンジダ性亀頭包皮炎炎を発症してしまうかもしれません。

 

また、性行為やマスターベーションによってペニスに傷がつき、そこからカンジタ菌が繁殖することも考えられますので、性行為やマスターベーションをするときはペニスを傷つけないように気を付けましょう。

 

男性カンジダ性亀頭包皮炎の治療方法は?

 

ではもし、男性カンジダ性亀頭包皮炎になってしまったときはどうすれば良いのでしょう。

 

男性カンジダ性亀頭包皮炎の治療方法は、主に

 

・病院へ行く
・自分で治す

 

のどちらかになります。

 

ペニスの異変を放っておくと尿道炎などに悪化することもあるので、「異変の原因が分からない」場合は特に、病院で専門医の治療を受けるようにしましょう。

 

男性のペニスの異変の場合、管轄は泌尿器科になります。

 

病院へ行くのが確実な方法とはいえ、なかなか時間がとれない、恥ずかしいなどの理由から病院へ行けない(行きたくない)という人もいるでしょう。

 

男性カンジダ性亀頭包皮炎は、軽いものなら自然治癒することも可能です。

 

というのも、そもそもカンジタ菌が繁殖するのは免疫が低下しているときなので、免疫が回復することで男性カンジダ性亀頭包皮炎の症状も治まるんですね。

 

あくまでも症状が軽い場合のみですが、男性のペニスは通気性も良いので、自然治癒することが多いです。

 

しかし、例外もあります。

 

それはずばり、包茎の人。

 

包茎の人はペニスに包皮が覆い被さっているため、ペニスと包皮の間の通気性は悪いです。

 

通気性の悪いところは菌も繁殖しやすいですから、包茎の人は男性カンジダ性亀頭包皮炎を発症しやすいと言えるでしょう。

 

包茎の人で何度もカンジダ性亀頭包皮炎を繰り返しているような場合は、カンジダ性亀頭包皮炎の治療よりも包茎に対する治療を行わなければなりません。

 

包茎を治すことで、カンジダ性亀頭包皮炎にもなりにくくなりますよ。

 

もちろん、通販を利用すれば男性カンジダ性亀頭包皮炎用の塗り薬や真菌も洗い流せる石鹸などが売られていますから、それらを使って治すのも1つの方法です。

 

自分で治す人はロテュリミンAFとファンガソープEXを使っている

ロテュリミンAF

ロテュリミンAFとは、男性カンジダ性亀頭包皮炎の原因になるカンジダ菌を強力に殺菌してくれる薬です。

 

カンジダ菌は、クロトリマゾールという抗真菌作用のある薬で殺菌されます。このクロトリマゾールが高含有で配合されているのがロテュリミンAFです。

 

カンジダ菌が繁殖した患部に塗れば男性カンジダ性亀頭包皮炎が1週間〜2週間程度でよくなってきます。個人差はありますけど大体このくらいです。

 

ロテュリミンAFは、男性カンジダ性亀頭包皮炎専用のクリームです。

 

ファンガソープEX

ファンガソープEXは、オーガニック天然成分ティーツリーオイルを贅沢に配合している大人気の薬用石鹸です。

 

配合されているティーツリーオイルが、カンジダ菌や細菌などを殺菌して洗い流してくれます。

 

シャンプーとして使用もできますし、加齢臭対策にも使えます。

 

男性カンジダ性亀頭包皮炎の人もこちらを買っています。90日間全額返金保証もついているので安心して試すことができますよ。実際に、ロテュリミンAFとファンガソープEXの併用で男性カンジダ性亀頭包皮炎がよくなりました!

 

 

 

 

男性カンジダ性亀頭包皮炎の予防法は?

 

カンジダは繰り返しやすい病気だということは、みなさんも聞いたことがあると思います。

 

カンジタ菌は元々体内にあるものなので、それはそうですよね。

 

男性でもカンジダは繰り返しやすいものなので、きちんと予防をすることが大切です。

 

予防法としては、

 

・清潔にする
・免疫を低下させない

 

ことなどが挙げられます。

 

不衛生にしているとカンジタ菌が繁殖しやすいとはいえ、洗いすぎはNG。

 

普通の石鹸では真菌を洗い流すことはできないため、細菌や良い働きをする常在菌だけを流してしまうのです。

 

これでは常在菌のバランスが崩れ、余計にカンジタ菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

 

洗うときは、真菌も洗い流せる専用の石鹸を使いましょう。

 

そして、日頃から免疫を低下させないように生活習慣を見直すことも欠かせません。

 

食事や睡眠などに気を配り、疲れをためないようにしましょう。

 

まとめ

 

男性カンジダ性亀頭包皮炎について、お話ししました。

 

男性カンジダ性亀頭包皮炎は、かゆみだけでなくペニスの皮がヒリヒリするなどの症状もあります。

 

ペニスの異変や症状には驚くかもしれませんが、正しい知識を持って対応してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加